アイデンティティ委員会

委員長:片境慎一郎

今年度スローガン【NO Limit ~挑戦こそが成長~】という挑戦心の基、当委員会では【アイデンティティ「自己認識~らしさ~」】を、交流会事業から考え、前面に押し出して活動を行ってまいります。日々生きている中、色々な難題にぶつかり自分というものをつい見失いがちですが、己を知り、再認識する事で本来の自分の考えがまとまり、パワーとなり、挑戦心に変わると私は考えます。どういった想いを持って地域の為、また、個々の社業に向き合っているのか…自己の説明書を持ち、1人1人が青年部活動の中、社業の中でパワーを発揮できるように事業を考え行ってまいります。

射水市青年3団体交流会・呉西地区4単会合同事業・納会では射水YEGの会員1人1人が「~らしさ~」を上手く表現でき、活かせるような事業展開を、射水市観光PR事業千曲市:では射水YEGとしての有り方を考え、射水YEGらしさを前面に出して長野県千曲市にて射水市観光PR事業を行ってまいります。皆様方のご指導ご鞭撻ご協力をいただき、1年間楽しみながら頑張らせていただきます!

宜しくお願い致します。

<担当事業>
  6月:射水市三団体交流会
  9月:呉西4単会合同事業
11月:千曲観光PR
  3月:納会

創る歩る委員会

委員長:鷲塚慎太郎

美輪明宏さんの公式サイトに「人間は肉体と精神とでできている。肉体を維持するための食物は過剰なくらい出回っているし、世間も敏感に反応する。では、精神における栄養源とは何か、それこそが文化である。それが欠ければ、当然精神的栄養失調が起き、物事を論理的に考え判断する能力が失われる」と書かれています。「文化とは精神の栄養源である。」文化に触れ精神に快適さを求めること、それは映画を観ることであったり、音楽を聴くことであったり、祭りに参加することであったりと人それぞれです。精神が健やかに維持できていれば、仕事や人間関係に好影響を与え、何か問題が起きたとしてもよい考えが浮かびやすく落ち着いて対処できると考えます。

社会の中で生きるということは、次から次へと起こる問題に向き合い解決していくことの連続です。つまり、現在の自分という存在は、今まで考えてきたこと、選択してきたことを積み重ねてきた結果といえます。「人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、そしてまさかである。」という有名な格言があります。昨今の時代の変化は凄まじく、私たちはこれから多くの「まさか」に対処していかなくてはなりません。それには新しい視点で考える力、つまり創造力が今以上に必要となってきます。創造力は健やかに保たれた精神から生まれる、文化は精神の栄養源であるという考えから、私たちの委員会では、文化を通じ創造力を培うことを目的とした事業を実施していきたいと考えております。

委員会名はYEG綱領・指針に「創」という文字が3か所使われていること、また指針の「文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう」という箇所への強い思いから「創る歩る委員会」と名付けました。物事や考えを時代に沿ったものに「再考」し、「新しい文化の創造に向かって歩む」ことができれば、いずれ何事も「最高」な結果に結びつくものと信じています。

今年度は南会長のもと、委員長の職をソウルフル和訳:感情のこもっているさま:に精いっぱい努めてまいります。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

<担当事業>
5月:講師例会
7月:内川十楽の市
1月:新年例会

射水Plus委員会

委員長:加冶 達章

昨年度、射水YEGは創立40周年の大きな節目を迎えました。40周年を無事迎えることができたのも関係する皆様方と築いてきた強い絆があってこそだと思います。40年というと、人では『不惑』の歳になります。『不惑』とは40歳になると人生の方向性が定まり迷わなくなるといわれています。今後も我々は健全な地域社会の発展のために、青年らしい創造的な活動を展開していきます。

今年度、射水YEGのスローガン【NO Limit ~挑戦こそが成長~】の基、射水Plus委員会では『家族親睦例会』、『新湊カニかに海鮮白えびまつり』、『会員家族クリスマスパーティー』の3事業を主軸に活動していきます。少子高齢化により確実に人口は減少し、世界から見た日本の経済規模は相対的に小さくなってきているなか、今後もYEG事業を展開する上で組織に集う同志の絆をより一層強くする必要があると考えます。射水YEG会員・その家族と地域のことを知り、親睦を深めることで家族にYEG活動に対する理解を得ると共に結束を高め今後の活動に繋げます。また、地元の祭りへ参加することで地域との交流を図ります。さらにSNS等を活用した情報を発信することで射水YEGの存在意義をアピールしていきます。

事業を通じて過去の経験、知識を全員で共有し試行錯誤して通年事業の効率化・進化させた事業を展開し、射水YEG全体に多くの『Plus』となるよう努めていきます。

<担当事業>
  8月:会員・家族親睦例会
10月:カニかに海鮮白エビまつり
12月:会員・家族親睦例会(クリスマス)