2019年度射水商工会議所青年部会長 南 貴浩

昨年は、射水YEGが創立40周年という一つの節目を迎えました。40周年を迎えるにあたり、多くの関係各所の皆様方やこれまでの歴史を積み上げてこられた諸先輩方の多大なるご理解、ご協力、ご支援を賜りました事をここに改めて感謝申し上げます。我々射水YEGは、40周年という節目を迎えると同時に新たな歴史の始まりに、より一層の努力と研鑽をしていく所存でございます。

平成から令和へと変わる本年度、日本経済は緩やかな景気回復を持続していると言われる一方、変化の激しい経済状況は容易に予測する事はできません。しかし、働き方改革関連法や本年10月より消費税率の引き上げなど変化の激しい時代とともに我々は対応していかなくてはなりません。労働力の確保や担い手不足、少子高齢化や人口減少など多くの問題があるのも現状です。我々、射水YEGでも減少傾向にある会員数や今後のYEGとしての活動運営など過去の延長線の努力だけでは対応できないのも現実です。現状維持ではなく、これまでの歴史や伝統を踏まえたうえで新たな組織制度の構築や時代に沿った事業内容を考え、地域から見て魅力的な組織である事が、会員拡大や地域の活性、商工業の発展に繋がるのだと思います。会員全員が同じ目的意識を持ち、挑戦し取り組む事が今後の射水YEGのさらなる成長に繋がるものと信じています。

さて、今年度のスローガンを【NO Limit ~挑戦こそが成長~】とさせていただきました。私自身、この射水YEGに入会させていただき多くの仲間と出会い、共感し刺激され、個人の成長や事業所の発展に大きな影響を与えて頂いたことに感謝しかございません。これまでのYEG活動の経験で私が実感するのは、その立場になってみないと解らない事、その立場を終えてみないと解らない事が多く、自分に目標や責任感をあたえ挑戦し経験することが人を成長させるのだと気付きました。個人や事業所の成長に限界はありません。あるとすればそれは自身が作り出した限界だと思います。考えすぎて動けなくなるのではなくて自分の限界を、自分で引き上げて常に挑戦し続けられる人、想いを行動に移せる人、それこそが変化の激しいこの時代に生き残っていける人だと私は思います。まずは地元の我々が率先して行動し地域や商工業の発展に繋げていくことが射水YEGとしての責務であると考えます。

最後になりますが我々、射水YEGに今後どんな大きな壁が立ちはだかったとしてもそれを乗り越えるだけの強い絆と熱い思いがあります。仲間と共に成長し、魅力ある組織作りを目指す所存で御座いますので、諸先輩方、関係各所の皆様方のご指導、ご鞭撻、会員の皆様方にはご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

基本方針

一、YEG活動において、新たな発見や成長が出来るよう常に挑戦する事を意識した活動を行う。
一、YEGの組織力の向上、拡大を目的とし常に新入会員の入会を意識したYEG活動を行う。
一、YEG他単会や関係団体と積極的に交流を図り、射水YEG会員の人脈拡大に繋げる。
一、YEGとしての地域への認知度を向上させるべくSNS、メディア等の情報発信を積極的に行う。